DIRECTOR
MESSAGE

取締役支社長  高橋 良太

高橋 良太

RENFRO CORPORATIONは1921年に創業した来年100年を迎える米国最大級の靴下製造販売会社です。そのRENFRO CORPRATIONと共に2012年10月に設立したRENFRO JAPANは今年で8年目を迎えるまだ新しい会社です。

日本の靴下産業は歴史も古く、成熟した業界で数多くの製造・販売会社が存在している中で大手外資系靴下会社として設立をすることは決して容易ではないという覚悟が必要でした。一方で靴下業界を取り巻く市場は大きな流れの中で変化をしていることが私たちにとってはチャンスでもありました。

過去の靴下業界の慣習や概念にとらわれることなく、大きく変動する市場や消費者のニーズの変化をいち早く捉え、行動し、誰よりも早く製品を世に出すことのみが新しい私たちが存在しうるただ一つの道でした。そのことを念頭に置きながら事業活動をしていく中で、賛同してくれる仲間が増え、共感し協力してくれるサプライヤーも増え、おかげさまで7年連続2桁の増収・増益を成し遂げることができました。

8年目を迎える今年、あらためて設立から現在に至るまでの思いや活動内容、成し遂げたこと、できていないこと、これからやっていきたいこと、などを全社員と一緒に考え意見を集約しRENFRO JAPANがこれからの5年・10年・15年と継続して成長を続けていくための共通理念として“ We Are Gamechanger ”を新しく掲げることとしました。この理念に込めた思いとしては「私たちは既存のルールや経験にとらわれることなく変化に挑戦する企業であり続けるとともに、そこで働く私たちも自分の経験や過去にとらわれることない挑戦をし続ける個人であろう」という思いから共通の理念としています。

RENFRO JAPANはその個人を応援する会社でありたいという思いがあります。 これからの未来は過去10年の変化の倍以上のスピードで変化するでしょう。私たちのライフスタイルや働き方が変わり、市場のメジャープレイヤーが交代し、あらゆる革新的なサービスや製品・コンテンツが生まれるでしょう。私たちRENFRO JAPANも靴下を中心とした繊維製品において革新的なアイデアや技術、そして人々がわくわくするようなサービスを提供できるよう“ We Are Gamechanger ”の精神を忘れることなく挑戦し続けていきます。